冨安健洋、伊紙でまたも高評価!スーパークリアに「決定的な場面でチームを救った事が、この採点のすべてに値する」

フル出場の冨安に高評価…決定機阻止のスーパークリアは「採点のすべてに値する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-01027256-soccerk-socc
冨安2020第21節守備.jpg

 日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは25日にセリエA第21節でSPALと対戦し、3-1で勝利を収めた。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手採点を発表した。

 ボローニャは23分に先制を許したものの、1分後にオウンゴールで同点に追いつく。前半終了間際の41分にはSPALのアルカディウシュ・レツァがGKと一対一の局面を迎え、シュートはGKの脇下を抜けたが、カバーに戻った冨安が起死回生のクリアでピンチを防いだ。勝ち越しを阻止したボローニャは59分に逆転すると、63分には3点目を奪い、4試合ぶりの白星を手にした。

 冨安はフル出場で勝利に貢献。『ガゼッタ』は「6.5」の高評価をつけ、「レツァの決定的な場面でチームを救ったことが、この採点すべてに値するもの」と、見事なクリアで勝ち越しゴールを防いだ点を評価した。

 次節、ボローニャはホームでブレシアと対戦する。

Bologna FC 冨安健洋 Part9
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579000724/
▼記事の続きを読む▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする