U22日本の橋岡大樹、堂安律と共にファンから握手求められるも、ツライ一言「あ、一応そちらの人も」橋岡「は、はい」(関連まとめ)

U-22日本代表の橋岡大樹が堂安律との散歩姿を投稿!握手を求められたファンからの“つらすぎる”一言は…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00066707-sdigestw-socc
橋岡と堂安散歩.jpg

”サンロレンソ”の奇跡、ブラジル戦にも先発フル出場
 11月17日に行なわれるテストマッチのU-22コロンビア代表戦にむけ、U-22日本代表は開催地の広島で11日から合宿を行っている。

 久保建英や堂安律、板倉滉などA代表の常連組も、来年の東京五輪を見越し、今月の代表活動はU-22に専念するなど注目を集める中、メンバーに選ばれている、浦和レッズ所属の橋岡大樹が自身のSNSを更新し、A代表でも恒例となっているチームメートとの散歩の様子を投稿した。

「今日律くんと散歩してるとファンから、、、
ファン「堂安さん握手してください」
律くん「はい!いいですよ」
そしてそのあと僕に
ファン「あ、一応そちらの人も、、」
僕「は、はい。」
オレ、ガンバリマス」

 その”意外”な様子にファン・サポーターも大興奮で、以下のようなコメントが寄せられた。

「すみません笑いました。そちらの人て…」
「ドンマイ」
「辛泣」
「お二人とも頑張ってください!」
「目指せA代表」
「そちらの人、、頑張ってください」
「近いうち、その子、橋岡くんとも握手できたことを自慢すると思う~」
「握手したいです!」
「大樹!ファイトォ」
「負けるな。頑張れ橋岡、我らの誇り」
「そのファンのかたは後年きっと後悔するはず!!!笑」
「これからすぐに有名になりますよ」
「その人に、とりあえず、清水戦のボレー1000回くらい見せましょう!!笑笑」
「いっそのことヘアスタイル堂安みたいに派手にすればいい笑」

 各年代で代表に招集されてきた橋岡は、U-22でも北中米遠征、ブラジル遠征と参加し、”サンロレンソの奇跡”と呼ばれたU-22ブラジル代表戦でも先発フル出場で3-2の勝利に貢献した。また、クラブでもACL決勝を戦うチームでレギュラーとして活躍している。

 17日にU-22代表戦を終えた後、24日にはACL決勝と、注目の一戦に立て続けに出場する可能性は高い。多忙を極める橋岡が有名になる日も近いか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12418
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1573776481/
▼記事の続きを読む▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする