【小ネタ】中村俊輔、新お言葉を創出「それは間違いじゃない」「カスカスになるまでやりたい」

【中村俊輔インタビュー】日本代表監督に興味はあるか?
https://blogos.com/article/416340/
中村俊輔2019インタビュー.jpg

※長文のため一部引用です。続きは上記URL先で。

数々の称号を得て、今も現役を続ける天才レフティ中村俊輔。現在、J2の横浜FCに所属する彼に、何を想い、何を求めて、ボールを蹴り続けるのか、独占インタビューを行った。短期連載最終回。

J3でも、カスカスになるまでやりたい
シーズンが終盤になると、全国様々なクラブから、「現役引退」を発表する選手のニュースが聞こえてくる。「引退」を考えたことがあるのか? 今回のインタビューで、繰り返し中村に問うた。すると、「引退させたいの?」と破顔させながら答えた。中村には、「引退」という選択肢は今はまだないようだ。

「カテゴリーがJ2になった時点で、『落ちている』というふうに思う人がいても、それは間違いじゃない。僕自身でそれを実感することも確かにある。まだまだうまくなりたいし、環境が変われば、新しいものを身に着けなくちゃいけない。自分の身体も確実に変わっているからそれに応じたプレー選択も必要になってくる。そういう意味での進化を求めているし、進化しなくちゃいけないと考えている。

同時に、たとえば、若いときにできていたプレーが、今は少なくなっているとも感じる。大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、若いころはスタスタ歩けていたのに、高齢になると同じようには歩けない、そういうことが起きている。だから、若いころの自分をおっかけているような感じもある。昔の映像を見て、自分のプレーを脳に植え付けるし。そうしないと身体は動かないから。やりたいことはたくさん増えてきているのに、できないということがあるから」

~中略~

「ここまで長くやったら、いろんなことをまだまだ体験したいなと思っている。J3まで行ってもいい。カスカスになるまでやりたいと思っているんです。なかには、自分のプレーが落ちているのを周囲に見られたくないと思う人もいるだろうし、いい印象のままで引退するほうが、キレイだし、引退後の仕事にもいい影響があるかもしれないし、実際そういうふうに言ってもらったこともある。でも、とことん見てみたいというふうに今は考えている。現役選手でしか味わえないことだから。そういう時間を過ごすことが、選手をやめたあとにプラスになるんじゃないかなと思うから。それと、やっぱりうまくなりたいんです。僕はもっとできる、もっとできるという想いはあるし、自分にしかできないプレーというのをまだまだ発見したいから」


※かなり遅い記事ですが、ご容赦ください

【中村俊輔】ていうかシュンナカムラ~ 1272
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1572668054/
▼記事の続きを読む▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする