チェルシーとアーセナルの大ロンドンダービーは今季4連続ドロー!カラバオ杯準決勝第1戦

ビッグロンドン・ダービーは今季4戦連続ドロー…チェルシーとアーセナルは得点奪えず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00699936-soccerk-socc
大ロンドンダービー2018カラバオ杯準決勝第1戦.jpg

 カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)準決勝ファーストレグが10日に行われ、チェルシーとアーセナルが対戦した。

 アーセナルは22分、アレクサンドル・ラカゼットがジャック・ウィルシャーの浮き玉パスでエリア内右に抜け出すが、シュートは枠を捉えられない。対するチェルシーは、ヴィクター・モーゼスが24分、28分と立て続けにエリア内右へ切り込んで強烈な左足シュートを放つが、どちらもGKダビド・オスピナにセーブされた。

 アーセナルは39分、アレックス・イウォビがエリア内で相手のパスをカットし、右足シュートを打つが、GKティボー・クルトワに阻まれる。直後にエインズリー・メイトランド・ナイルズがエリア内でモーゼスに倒され、主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に確認をとったようだが、ノーファールの判定となった。

 後半になっても膠着状態が続き、89分にはセスク・ファブレガスが敵陣エリア内でダニー・ウェルベックに倒されたが、ここもVARに確認した主審はノーファールの判断。試合はこのままスコアレスドローで終了した。

 これで“ビッグロンドン・ダービー”は4試合連続ドローとなった。昨年8月6日のコミュニティ・シールドは延長戦を含む120分を1-1のドローで終え、PK戦をアーセナルが制した。プレミアリーグでは、同9月17日の第5節で0-0、今年1月3日の第22節で2-2と、どちらもドローで終了。今シーズン4戦目となった今試合も引き分けとなり、決着は24日にアーセナルのホームで行われるセカンドレグに持ち越された。

【スコア】
チェルシー 0-0 アーセナル

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1206】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515615081/
▼記事の続きを読む▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする