C大阪MFソウザ「あとは、お給料がもうちょっと上がってくれたら」2冠達成に喜び爆発

攻守に存在感見せたソウザ、2タイトルに喜び爆発「あとはお給料が上がってくれたら」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000021-goal-socc
ソウザと柿谷天皇杯優勝.jpg

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、埼玉スタジアム2002でセレッソ大阪と横浜F・マリノスが対戦した。試合は2-1でC大阪が勝ち、優勝が決定。試合後、C大阪のMFソウザがゲームを振り返った。

「非常にタフな試合でした」と切り出したソウザは、「横浜FMは監督によってよくオーガナイズされているチームでしたので、難しい時間も多かった。僕らがイライラしてしまう時間帯もありましたが、うちが点を入れたところで逆に向こうがイライラし始めた。そこからうちのリズムが作れるようになったかなと思っています」と分析する。

試合では、攻守にわたって終始ハードワークで存在感を発揮したソウザ。「逆転した後はよりチームに安定感や落ち着きが出て、最後まで優位に進めることができたと思います。最後はお互い疲れきっていたので、とにかくゼロで抑えるというところに集中してやりました」と納得の表情を見せる。

そのソウザは、延長後半14分にピッチを退いた。「監督とも確認しながらやっていて、大丈夫だという話はしてたんですけど、最後の最後でもも裏とふくらはぎにけいれんがちょっと走った。最後しっかり締めきりたいところでマークも厳しくて、この状態で最後まで持つかなっていうとそうでもなかったので、あのタイミングで交代を申し出ました」と明かした。

「今回と前回(JリーグYBCルヴァンカップ)のタイトルの写真を肖像画みたいな形でポスターにして、大事に取っておきたいと思います」と、今季手にしたメモリアルな勝利に喜びを爆発させる。「あとは、お給料がもうちょっと上がってくれたら」と冗談交じりに話し、記者を笑わせた。

セレッソ大阪(1320)@星!ふたつでございます!
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1514797030/
▼記事の続きを読む▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする